白門57ネット:最近の活動

2018年4月7日(土) 東京散歩と上野精養軒の宴@谷根千散歩&上野精養軒(銀座松屋八階)


  運営委員の池田勝氏企画による春のイベント「東京散歩」も、シリーズ4回目を数え、今回は根津神社界隈を散策しつつ、文豪ゆかりの下町を見物しながら、上野へ抜けるコースを取った。

  東京メトロ千代田線「千駄木」駅で待ち合わせ。藍染川の暗渠に沿って曲がりくねった下町情緒あふれる路地、「ヘビ道」を歩き、根津神社へ。森鴎外ゆかりの水月ホテルの角を曲がって動物園の裏手を進み、上野東照宮では立ち並ぶ屋台の美味しそうな香りに思わず反応しつつも、知性が邪魔(?)して無表情を装うインテリの悲しさ。

  本来なら、日程的には終点の上野公園で満開の桜が出迎えてくれる予定であったろうが、今春の桜前線はご存知の通り、完全に一週間の前倒し。

もっとも、桜蕊降る樹の下を、気の置けない仲間とのそぞろ歩きは、提灯の灯りを透かして、薄暮に浮かぶ淡い墨絵のようでもあり、なかなかの風情。参加者の記憶に確かに刻印されたかと思われる。

  食事は、これまた運営委員の江藤氏のご尽力で、恒例となった上野精養軒(銀座松屋八階)の目も綾な本格フランス料理の数々。もともと飲み放題のところへさらにワインの本数が上乗せされるという豪華版である。

そしてお料理の〆は、上野精養軒発祥のハヤシライス。美味しかった~。

身も心も満足な春宵一刻値千金。心から寛ぎ、心から楽しんでしまいました。

本当に有り難うございました。